就職試験の面接では第一印象は15秒で決まる

スポンサードリンク

面接の第一印象は15秒で決まる!

就職試験では面接の第一印象は、もっとも重要です。
第一印象は、あなたが面接官の待つ部屋へ入室して着席するまでの、わずか15秒足らずで決まってしまうのです。

 

 

そして、その印象は、後々まで尾を引きます。

 

 

もしも第一印象で悪い印象を与えてしまったら、あとから言葉で良い事をいろいろ言っても効果は薄れてしまいます。

 

 

でもですよ、逆に言えば、たった15秒!
最初の15秒を頑張るだけで、その後くりひろげられる
面接試験での印象がぐ〜んとよくなります。

 

 

これは頑張らないわけにはいきませんよね。

 

 

では、どうすればいいのか?というと、

 

 

面接室に入室する時はドアを2回コンコンとノックします。

 

 

面接室のドアがもともと開いていた時には、「失礼します」とハッキリした明るい声で言い、丁寧にお辞儀をして入室してください。

 

 

もし、面接官同士が話し中であなたに気づかない、もしくは、気づいているのに、わざと無視をする場合は、(あくまでも試験の一環として無視する場合があります)

 

 

あなたがどう対処するのか見られているかもしれません。

 

 

面接官が日本人なら 「恐れ入ります入室してよろしいでしょうか?」

 

面接官が外国人なら 「May I come in ? 」

 

 

などどハッキリした優しい口調で声をかけて、入室が許されたらニッコリ微笑んでお礼を言って下さい。「ありがとうございます、失礼いたします」 (⌒-⌒) ニッコリ (爽やかな笑顔で!!)

 

 

いいですか、最初が肝心ですよ!!

 

 

入室して座席に腰を下ろすときは、「どうぞ」とか「奥の方から順番に腰掛けてください」などと言われてから腰を下ろすものなのですが、万が一いつまでたっても 「 どうぞ 」 と言ってくれない場合は、間が悪くなる前に、自分から「失礼いたします」 と声をかけて腰を下ろしてもかまいません。

 

 

その辺りは臨機応変に対応して雰囲気が悪くならないように注意しましょう。

 

 

ただし、にっこり微笑んで、上品に腰掛けてくださいね。
椅子にどっかり座るのはタブーですよ。
浅めに腰をかけていつでも立ち上がれる姿勢でいて下さい。

 

 

着席する様子はしっかりチェックされています。
普段の生活が見えるからです

 

 

だからこそ、入室、着席の練習は念入りにしてください。
できれば今日から普段の生活での立ち居振る舞いも自然にエレガントにこなせるように気をつけましょう。

 

 

第一印象は15秒で決まる!

 

 

忘れないでくださいね。

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク