自己紹介と自己PRの違い

スポンサードリンク

自己紹介と自己PRの違い

自己紹介と自己PRは、どこの航空会社の面接でも聞かれることが多いです。日本語でも英語でも両方とも流暢に話せるよう練習してください。

 

 

ところで、あなたは、自己紹介と自己PRの違いってわかりますか??

 

 

自己紹介は自分がドコで生まれ、育ち、どういう教育を受けたか?
学歴や職歴や趣味などの 『 自分の歴史 』 を説明するものです。
だから、とっぴな内容である必要はありません。
自己紹介は、あくまで普通でいいんです。

 

 

問題は、自己PRなんですよ。

 

 

自己PRは、自分を売り込むためのアピール。
自分の得意なコト、人には負けないコト、自慢できるコトを、 『 もし御社に入社したなら〜 』 と、自分のセールスポイントは入社後の仕事にどう生かされるか?
さりげなく伝えるチャンスです。

 

 

ここで間違っても 「なぜ‥‥‥航空に入社したいか?」 「なぜCAになりたいか?」などという答えを言わないように。

 

 

意外にも 「自己PRをしてください」 という質問に対して
「なぜ‥‥‥航空に入社したいのか?」 の答えを言ってしまう受験者は多いのです。

 

 

●●になりたい、●●会社に入社したいという答えは志望動機で言うことです。

 

 

志望動機と自己PRを混同しないように気をつけてください。
「そんなおバカなミスしないわよっ!」と思っているかもしれませんが、毎回必ずこのミスを犯す人がいます。

 

 

面接では誰もが緊張しています。
冷静に考えればそんなとんちんかんな答えを言わない方でも、緊張すれば思ってもみないほど、マヌケな返答をしてしまうものです。

 

 

面接官の言葉には全神経を集中して聞いてください。
聞かれた事に対して違う答えを言う、というのはかなりの減点です。
(というか、自殺行為かも)

 

 

面接官が聞いたコトと違うコトを話しだす、というのは、

 

 

つまり、あなたはお客様の言葉にきちんと耳を傾けられない。
お客様のご要望を聞けない。

 

 

本来しなければいけない事と違う
「とんちんかんな事」をやってしまう痛い人という印象になります。

 

 

あなたにそんなつもりがなくても、
そういう残念な人だと判断されてしまうのです。

 

 

たかが勘違い、されど勘違い‥‥‥。
怖いのです!!

 

 

だからこそ、しっかり練習しましょうね。

 

【まとめ】

  • 自己紹介は、あなたの生きてきた歴史
  • 自己PRはあなたの得意なことなどの売り込み

    (希望している職種へ結びつける得意分野は良いが、無理やりやると見え見えです)

  • 自己PRを求められているのに志望動機を言わない

    (このミスはすごく多い)

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク