海外 アルバイト

スポンサードリンク

留学中のアルバイトはどういう仕事が出来るのか?!

留学中にアルバイトを探す方は少なくありません!
私は数ヶ月間、日本企業でお手伝いのアルバイトをしました。

 

 

当時の収入は、だいたいこんな感じでした。

 

日系企業で事務処理のお手伝い 手取りで5〜12万円くらい。

(時給にすると900〜1000円くらい)
月によってかなりムラがありました。

合計 あんまりよく覚えていない(苦笑)

あくまで短期的なお手伝いの仕事だったので
税込み100万以下のはず。
(オーストラリアは所得税が高いので手取りはもっと少ない)

 

 

*解説:現地での仕事
収入については、あくまで本業は学生だったため、後半数ヶ月間だけ日系企業でアルバイトをさせていただきました。 
このような経験は貴重かもしれません。 

 

 

 

普通は旅行会社か、お土産物屋さん、デューティーフリー
などのお店でフルタイムで働くのが主流です。
(ワーキングホリデービザの場合は
1社に付き3ヶ月間しか就業できない)
フルタイムで働いている人たちは
私よりももっとお給料がいいです!! 笑。

 

 

 

*解説:現地の航空会社での仕事
私の友人は某航空会社のグランドスタッフとして
パート的な短時間の仕事をしている人もいましたよ。
短い期間・時間しか働かないのでチェックインなどはさせてもらえなかったそうです。
出国カードの書き方をご説明したり、お客様が困ったときに
現地スタッフとの間に立って通訳したりといった
インフォメーション的な仕事を1日のうちの数時間だけしていました。

 

 

 

その当時は、そのポジションは誰か辞める時に自分の代わりにと友達を紹介し、その子が辞める時にまた別の友達を紹介してリレーみたいに職を譲っていました。 笑。
あくまでも10数年も前の話ですよ(笑)
今もあるのかな???

 

 

 

ですがお給料は非常に安く、その金額ではとても生活していけないというような金額でした。
確か1日4〜5千円くらいだったような。 ←うる覚えです。

 

 

 

航空会社のスタッフとして短期間・短時間だけでも働くということは、
とてもいい経験にはなりますが現地の就労ビザではないのでフルタイムでは雇ってもらえません。

 

 

 

日本路線はフライト数も限られているため、
ワーキングホリデーの方をフルタイムで雇うほどではない
というのが現状でした。
ちなみに現地在住の方で就労ビザもしくは
永住権取得者のフルタイムの方は数名いらっしゃいました。 
また会社によっては女性でも短期間の駐在(出張)の方もいました。

 

 

現地での客室乗務員の募集もありましたが、
第一条件が永住権保持者となっていました。
現地に住んでいるだけでは応募もできません!

 

 

 

古い話で申し訳ないのですが、
あくまで十数年前の話で今の最新情報ではありません。
ご了承くださいね。 

 

 

また私自身の情報も(学校やビザも含めて)
できる限り思い出してみましたが、
もしかしたらトコロどころ記憶違いがあるかもしれません。
あまりに時間がたっているので。 
その点はどうか笑って許してくださいませ。 

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク