上手な自己紹介の仕方

スポンサードリンク

失敗しないための自己紹介

面接で最初に聞かれる可能性があるのが自己紹介です。

 

質問される可能性が高いので受験者はみなさんしっかり対策しているはずです。

 

そんな万全に用意された答えしか聞けないなら、最初から質問しない。という会社も中にはあります。 笑。

 

ですが自己紹介は自分の歴史を語るだけです。これが上手く語れないようでは、非常に問題ありですよ。

 

自己紹介をして下さいと面接官が言っているのに、もし受験者がしどろもどろしていたら。

 

自分のことすらキチンと説明できない人なんて‥‥。あなたが面接官なら雇いたいと思いますか?????

 

思わないでしょー!!!ですから自己紹介は、しっかりと練習をしましょうね!

 

出題例としては、

  • 2分間で自己紹介をしてください
  • 1分間で自己紹介をしてください
  • 自己紹介をして下さい
  • お名前と簡単に自己紹介をして下さい

 

などがありますが、これらの違いは分かりますか?

 

 

これらの違いは‥‥。
そう! 指定された時間の違いです。
わかったかな?!

 

 

2分とか、1分とか、簡単に、と時間の指定がされています。時間の指定がないのはBのみです。

 

時間の指定がされている場合は、その制限の時間は絶対に守りましょう。

 

でも腹時計でもあるまいし、2分や1分と言われても分からない。という方もいるでしょう。

 

ではナゼ面接官はそんな事を言うのか?

 

それは、なんていうか面接の質問の決まりきったパターンが、「2分間や1分間で自己紹介」 というものだからです。 

 

時間の制限を与えて、あなたは決められた時間内に物事の処理ができる人間なのか?をチェックされているということ。

 

そしてもう1つは日系スチュワーデス試験で2分間で自己紹介させる会社がありますよね。 一般企業でもありますよね! 

 

仮にあなたが外資の試験を受験していたとしても、面接官は受験生のあなたなら、当然2分間で自己紹介は練習しているだろうと考えます。 つまり出来ないなんてありえないんです! 

 

私は、グループ面接をいっしょに受けた学生さんが2分以上も自己紹介をし続けて、面接官から直に「日系も受験しているくせにこんなコトも出来ないなんて今まで何をやっていたんですか!」と注意を受けているのを目の当たりにしたことがありました。

 

面接の最中にですよー!!

 

その時はとてもビックリしましたが、後になって考えてみれば、あの面接官はある意味親切だったのだと思います。普通は何も言わずにただ不合格にするだけですから。

 

注意をされた受験生は落ち込んだでしょうが、あれだけみんなの前で恥をかかされれば、次は同じ失敗をしないように努力するでしょう。
その面接、私は無事通過したのですが、実は私は2分間という時間を定めて自己紹介を作成していなかったのです。 なのにナゼ合格したのかというと、実は時間を記憶したのです。

 

正確に言えば、グループ面接で自分より前の人が話す長さを覚えておいたのと、時間を計っている面接官の顔色を冷静に見つめて
「そろそろ2分なんだな」 と悟ったのです。

 

そしてもう1つ注意したのは、私が面接官の顔色を見つめているのを、別の面接官が見ているという事です。 だって面接ですから。

 

試験を受けているのは私の方です。 

 

ジロジロ面接官の顔色を伺っているなんて最悪じゃないですか。だから失礼がないように微笑みながら、面接官に話しかけるように見つめていました。

 

面接官だって人間です。そろそろ2分って頃に顔に出ますよ(笑)私はそのシグナルを見逃さないようにしただけです。

 

ですが、やはり腹時計は難しいので、簡単に2分パターンと1分パターンを作りましょう。指定がなければ1分パターン使い、その場の状況に合わせて短く切り上げたり、少し長くしたりして調整しましょう。 

 

指定がない場合は長くても短くてもいけないのです。もしグループ面接だったら前の人に合わせるというのもいいでしょう。

 

ただ注意しないといけないのは、前の人がダラダラ長く話したり、短すぎた場合は、その場違いな長さ(短さ)に引きずられないようにすることです。

 

余裕のある人は、普段から話す速度で時間を調節したり、クッション言葉を入れたり、抜いたりして時間の調節を練習できるといいでしょう。

 

簡単にと言われたら、本来の自己紹介で話す最後のところ、つまり現在の自分を話せばいいんです。 現在の仕事のこと、学生さんなら学校のコト。

 

自己紹介は自分の歴史について語ります。どこで生まれてどのように育ち、どういう教育を受けて、どういう仕事をしてきたのか。そして現在はどういう状況にあるのか。

 

面白おかしく語る必要はありません。自己紹介はいたって普通でいいんですよ。

 

自分を分かってもらおうとするあまり、つい長々と話してしまいがちですが、ダラダラしゃべると逆効果です。 

 

ハキハキと分かりやすく簡潔に話しましょう。でないと1分や2分なんて短時間では自分の歴史を語り尽くせません!!

 

最後に、面接官は話の内容よりも、あなたの人となり、雰囲気を重視して見ています。面接はスピーチコンテストではないので、少しくらい失敗したっていいんですよ!

 

『あんちょこノート』 は台本ではありませんからね!言葉の一字一句までガチガチに固めていく必要はありませんよ。

 

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク