航空会社 転職

スポンサードリンク

航空会社の転職!

航空会社のグランドホステスとしては3年間働きました。
仕事は楽しいことも辛いことも、いろんなことがあったけど
最終的にはこの会社に入社してヨカッタ〜!と思えました。

 

 

 

会社にもいい環境や仲間にもめぐり会えましたが、
ある頃から私の中で、「なにかが違う!」
そう思うようになったのです。

 

 

そう、それは、当初の目標だった
「マニュアル通りの画一化されたサービスではなく、
自分らしいサービスをする!」 ということ。

 

 

でも、日系航空会社でそんな事が許されるはずもありません。
いくら責任ある仕事を任せられるようになっても、
日系航空会社にいる限りいつまでたっても没個性なのです。

 

 

 

決して日系航空会社が悪いわけでは、ありません!!
私の中での理想と現実が食い違ってしまっただけのことです。
まだ若かった私は、考えが甘かったのです。

 

 

 

自分らしく働ける航空会社に転職しよう!
私は外資系航空会社の地上職を何社か受けました。

 

 

同じ航空業界、航空会社同士ということで転職は簡単でした。
結果として3社から採用されました。
採用試験のノウハウなんてもう心得てますから簡単でした。
(自慢じゃないですよ〜笑〜)

 

 

その中から1番大手の航空会社に入社しました。
スチュワーデスでも、グランドホステスでもない、オフィスで働く仕事!
合格者はたったの2人でした。
倍率は100倍以上はあったようですが、
詳しいことは教えてもらえませんでした。
でも、これからが本当の勝負だ!
そう思って、がむしゃらに働きました。

 

 

 

とっところが………。
数年後、業績不振であっさり解雇!
目の前が真っ暗?いや頭の中が真っ白?! 
うそだ!うそだ!嘘だ〜〜〜〜!!!
もう何がなんだか分からなくなりました。

 

 

 

その時のことは今思い出しても本当に嫌ですよ!!
でもね、元を正せば自分が悪いのです。
日系にいれば、解雇なんてされなかったんですよ。
外資は非情ですし、業績不振なんてことになれば即行動。
それが外資ですから………。

 

 

 

でも泣いている暇はありません。
プー太郎なんて冗談じゃない!!
私は、またまた3度目の航空会社への就職活動の
日々を送ったのでした。とほほ。

 

 

 

またまた懲りずに外資の地上職を受験したのです。
でも私は、以前の私とは違っていました。
すっかり業界人になっていた私は、どの会社がどういう社内事情で、
などの細かい裏事情も知っていたのでした。
【同じ目に合いそうな会社は避ける】そう決めての受験です。

 

 

 

面接では、徹底的に話し合いました。
受験者は弱い立場ではない!こちらにも選ぶ権利はあるんだ!
安心してやりたい仕事を思う存分こなしたい!
そんな環境にある場所を見つけてやる!

 

 

 

そう考えて、面接では、納得いくまで面接官と話し合いました。
日本語でも、英語でもとことん話しましたよ。

 

 

 

同じ部署でも会社によって担当する仕事の範囲が違います。
自分は今までこういった仕事をしてきたと具体的に説明して、
もしこの会社に入社したら、
自分はどこからどこまでの仕事を担当するのか?
後になって聞いていないなんて事のないように、
しっかり確認して話し合いました。

 

 

 

もちろん日本語では謙虚に!
英語では自信を持って堂々とアピールしました!

 

 

 

結果、外資系航空会社2社に採用されました。
そのうちの1社に入社したのですが、決め手は、

 

  • 【同じ目に合いそうな会社は避ける】

    つまり大手でも経営がやばそうな会社は却下!

  •  

  • 自分の経験や実力を評価してくれたから。

 

 

 

実は、その会社は予定にしていた採用の発表日よりも早く、
異例の翌日に採用の電話をかけてきたのです。
面接した翌日に電話がかかってきたんですよ〜!
そりゃもうビックリしました。

 

 

 

嬉しいことを人事担当者が言ってくれました。
「たいへん優秀な方なので、もう他のどの会社にも行ってほしくありません。ぜひ私どもにいらしてください」

 

 

 

すごいお世辞が入っているとは思うけど(笑)、嬉しかったですよ。
そりゃ〜もう嬉しかったです!!

 

 

 

入社したら合格者はたった1人で
同期がいなかったのが唯一の難点でした(笑)
入社後、上司にその時の倍率を聞いたのですが、
残念ながら教えてもらえませんでした。

 

 

 

他部署の人にこっそり聞いたら、
すごい受験者の数でビックリしたと言っていました。
そんな状態で、なんで私なんかが合格したのかは不明です(笑)
もっともっと優秀な人は大勢いたはずですから。
でも、この会社も縁があるから合格したんだ!
そう素直に思うことにしました。

 

 

 

 

それからいくつかの部署で仕事をしました。
航空会社でのお仕事は通算10数年です。

 

 

 

当初の目標だった
「マニュアル通りの画一化されたサービスではなく、
自分らしいサービスをする!」
これが達成できたかどうかは、実は微妙です(笑)
そりゃ理想と現実は違うに決まってますよ。
世の中そんなに甘くはないです(大笑)
なにもかも自分の理想どおりになんてなるわけないですよ〜!
(わたしも大人になったな〜笑〜)

 

 

そんな私も、今年、体を悪くして退職しました(2006年)
大好きな航空業界を去りましたが、
これから先はのんびり自宅療養に専念します。
(この場を借りて宣言?!)

 

 

 

実は、私にはもう1つ夢というか野望?というかが、ありまして!
それは、スチュワーデス、グランドホステスを目指す方達を対象にした
スクールを授業料を格安で運営する。 というものです。

 

 

元を正せば、崖っぷちOLだった私が
必死で航空会社受験をしていたのです。
同じような思いの方がいたら、なにか手助けができればいいな〜。
それに、若いみなさんと夢を共有させてもらえることで、
私自身もちょっぴり夢のお手伝いが出来ればいいな〜!
夢を追う姿っていいものですよ!

 

 

 

ですが自宅療養中の身ですから今はスクールを開くなんて無理です。
そして、思いついたのが、このホームページを運営することです!
ホームページなら授業料はタダ!!
格安の授業料のつもりがタダになっちゃった!!
これには自分でも大笑いしましたが、
たまには人の役にたってみるのもいいかな〜。なんて思いました(笑)
なにごとも経験ですからね。

 

 

 

このホームページの中では、
エアラインスクールで学ぶことはもちろん、
スクールでは教えてくれないことも徐々にお話していきますね。

 

 

 

そして航空業界に次々と私、LALAの教え子を送り込みたい!!
すごい野望でしょ!!(笑)

 

 

 

私の野望はさておき、
真面目な話からおもしろエピソードまで公開していく予定です。

 

 

ところで、こんなに長い文章、
しかもたいしてうまくもない文を読んでくださって、ありがとう!
 自分のことを文章にまとめるのは、大変でしたが、
忘れていた気持ちを思い出したり、
貴重な体験をさせていただきました。 ありがと〜!!

 

 

 

ぜひ、またこのホームページに遊びに、
いえ学びに来てくださいね!

 

 

 

あなたが1日もはやく採用されますように!!
応援しています!!

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク