電話をかける時のコツと注意事項

スポンサードリンク

電話問い合わせのマナー2

電話は圧倒的に不利だけど、電話エントリーをしなければいけない時には、かけないわけにはいきませんよね(笑)

電話をかける時には、以下のことに気をつけてください。

  • かける前に、話すべきこと、伝えることをメモしておく
  • 指定時間内、指定期間内にかける
  • 開始時間ギリギリや終了間際は避ける
  •  

  • あくまでも電話は相手の都合を考えていなく繋がるものと認識してから掛ける(電話の向こうのスタッフは手が離せないほど忙しいかも?!しれない)
  •  

  • 電話を掛けた時点から採点されている場合もある
  • 電話が繋がったら「お忙しいところ恐れ入ります」などのクッション言葉を入れてから、相手から聞かれる前に自分の名前と用件を申し出る
  •  

  • 必ず敬語で話をする
  • ハキハキ話す
  • 語尾まで気を使う
  •  

  • きちんとした姿勢で話す(下を向いてしゃべると喉がふさがって声が聞き取り辛くなる。横柄な態度で話すと自然と声まで横柄になる)
  •  

  • 電話の相手は面接官だと思って最後まで気を抜かない
  • 最後に必ず「ありがとうございました」を忘れず言う(あなたのために時間を割いてくれたのだから)
  •  

  • 相手が切ってから自分も切る。受話器を置く前に指でフックを押す。  万が一まだ繋がっていた時に、いきなり受話器を置くと相手の耳に「ガッチャッ」と不快な音が残ってしまうから。それでは今までの努力は水の泡です。

 

慣れてしまえば簡単です。恐れる心配はないけれど、注意深く慎重になってくださいね。

 

【注意事項】

 

電話をするときは必ず落ち着ける静かな場所から、なるべく固定電話からかけてください。携帯電話などでかけた場合、万が一その電話が途中で切れたらどうするのですか?!音声が途切れたり、まわりの声が騒がしかったりしたら、   それだけであなたは非常識な人だと思われてしまいます。    静かな環境で、雑音も入らない、途中で切れる心配もない自宅の電話からかけるのが1番無難でしょう。

 

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク