面接試験では話の内容より態度や印象が重要!

スポンサードリンク

面接では話の内容は聞いていない?

面接官は話の内容はあまり聞いていない。

 

そう言われると意外に思う方も少なくないかもしれませんね。

 

実は「話の受け答え」自体はそんなに重要視して聞いていない場合が多いんです。

 

全然聞いていないわけではないですよ〜!あまり聞いていないということです。

 

私も受験をしていた時に、面接官が「あんまり話を聞いていないような‥‥‥」と感じたことが何度かありました。

 

話の内容よりも、表情や、口調、私自身の雰囲気?!などを主にチェックされている!といった印象でした。

 

だからといって何を話してもイイというわけではありません(笑)

 

人は誰かと対面で会った時に、相手をどう評価、認識するかは、表情で6割、声のトーンや話口調で3割、話の内容はたったの1割でしかないんです。

 

いくら話の内容で良いことを言っていても、表情が無愛想だったり、極度に緊張してガチガチだったり、口調がぶっきらぼうだったり、甘えたような口調や、声のトーンが暗かったりしたら、全てはぶち壊しなんです。

 

第一印象は15秒で決まる が良い例です。最初の入室時には、話なんてしている間はありませんから。明るく爽やかな笑顔でニッコリ、この表情で6割GET!明るくハキハキした礼儀正しい口調で 「失礼します」 これで声のトーン、話口調の3割GET!!

 

9割の好印象を獲得できるんです!!

 

では、実際の面接の時にはどうしたらいいのか?

 

そこで、鏡の前で笑顔で練習 なんですよ。

 

面接官はあなたの表情や声で判断しているわけですから、そこにターゲットを絞って練習するんです。

 

それができて初めて、面接での受け答え(話の内容)が生かされるようになります。

 

誤解してほしくないのは、どうせ聞いていないんだから何を話てもいい、とかどんな話し方でも大丈夫という意味ではないということ。

 

雰囲気で好印象を見せられなかったら、どんなに良い話をしても、どんなに話の内容が素晴らしくても無駄になってしまうということです。

 

あなたも面接の練習をするときに話の内容ばかりに気をとられずに、面接官から「どう見られているか?」という点に注意して対策してくださいね。

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク