旅客ハンドリング会社

スポンサードリンク

旅客ハンドリング会社の存在理由とは?

グランドスタッフ(グランドホステス)を目指す方は、
「なぜ航空会社は、旅客ハンドリング会社を設立したり、利用したりするのだろう?自社でやればいいのに????」 と思う瞬間があるはずです。

 

 

中には現役の方でも、フッと疑問に思ったり、
または、嫌なウワサを聞いてしまったりする方もいるでしょう。

 

 

でもハッキリ言いますが、旅客ハンドリング会社の存在理由は悪い理由ではないですよ!考え方としてはとても合理的だし、現在の航空会社をとりまく環境としては当然かな〜?!とおもいます。

 

 

きっとイロイロな意見があるとは思いますが。
誤解のないようによく理解しておきましょう!

 

 

ちょっと切り込んで説明しますね。グランドスタッフ志望の方は、入社前にこういう事実を知っておきましょう!知っていれば悔しい思いや、ましてはダマされた〜!なんて思いはしないはずです。(笑)

 

 

さて、そもそも航空業界では当初、旅客ハンドリング会社などはなかったんですよ。日系航空会社や一部の外資系航空会社は、自社でグランドスタッフを採用していました。路線が少ないなどの理由で自社で採用できない外資系航空会社は、日系航空会社に旅客ハンドリングを委託していました。

 

 

たとえばこんな感じですね。(一例です)

 

 

社名 以前 現在
JAL JALで採用し、自社ハンドリング JALスカイで採用し、同社に業務委託
外資系航空会社・A社 A社で採用し、自社ハンドリング

自社ではREPのみ採用
JALやANA系などの旅客ハンドリング会社に業務委託

外資系航空会社・B社

自社ではREPのみ採用
 JALやANAなどに旅客ハンドリングを委託

自社ではREPのみ採用
JALやANA系などのハンドリング会社に委託

 

 

航空業界は、以前は航空券の値段も高く、殿様商売のように言われていたのですが、ところが時代の流れとともに航空会社の収益が激減するのです…。

 

 

それは、たとえば格安航空券の主流化とか、為替レートの推移だとか、
湾岸戦争ではとても大きな打撃を受けましたし…。
その後も911やSARSやら、格安航空会社まで設立されて、老舗の航空会社は運営が難しくなってしまったのです。

 

 

つまり…儲かりません!!(苦笑)
儲かるどころか赤字で倒産する会社が続出です。
どこかで経費を削減し、そしてなんとか節税もして、なんとかかんとか(笑)生き残っていくすべを見つけるしかなかったのです。

 

 

旅客ハンドリング会社の設立はいわば苦肉の策ですね。

 

 

旅客ハンドリング会社と航空会社本体での採用では、お給料の規定も違いますし、福利厚生も違います、税金対策にも出来ます。航空会社は、自社でグランドスタッフを雇うよりも人件費も経費も大幅に削減できます。

 

 

これを悪いことと言えるのか?
賛否両論あるでしょうが…。

 

 

会社の生き残りを賭けているときにキレイごとなんて言っていられますか???これを厳しい意見だと思いますか???

 

 

つまり旅客ハンドリング会社は、時代の流れやニーズに合っているわけです!旅客ハンドリング会社の採用試験を受ける方は、よく理解した上で採用試験に挑みましょう!

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク