チケット代より高くつく燃油料って何?

スポンサードリンク

その後のサーチャージ

* この記事は2008年6月現在の記事です。航空燃油サーチャージ、航空保険料ともに値段の上下がございます。現在の徴収金額を詳しくお知りになりたい方は、ご利用の航空会社、または旅行会社に直接ご確認くださいね。

 

 

航空燃油サーチャージですが、どんどん値上がりしていますね(汗) 元を正せば、原油が史上最高の値まで高騰していることが原因です。

 

この原油高は、航空会社にとっても、お客様にとっても何1つメリットは無し!!ただ単に迷惑な出来事です。

 

お客様からすれば、そんなに高いものなら飛行機には乗りたくない!もしくは、国際線は諦めて国内線や国内旅行でいいや!! という気持ちになります。

 

でもそれでは、航空会社は困るのです。 国際線が売れない(-_-;)

 

これでは外資系航空会社は死活問題ですし、日系航空会社だって国際線・国内線ともに偏りなく売れてもらわなければ困ります。(苦笑)

 

定期便なのにガラガラの飛行機は飛ばせませんし、 運休してしまうわけにもいかないです。 (一部実施している会社もあります)

 

しかしついに、お上(おかみ)のお達しがきてしまいました。今回は旅行会社に対してですが、「ツアー代金には、燃油サーチャージ込みの値段を記載すること」 という内容のものです。

 

確かに今までのケースだと、ツアー代金 5万円 + 航空燃油サーチャージ&空港税など 5万円 = 10万円 

 

旅行に申し込んだはいいが、いざ支払いの段階で、 「えっ何で5万円のツアーに申し込んだのに合計金額が10万円なの???(涙)」となっていたのです。

 

これは、例えなので、燃油サーチャージは各航空会社によって違いますし、 税金類は各空港や国によっても大きく違います。

 

しかし、今までは現実に5万円のツアーなのに、 請求金額が10万円というケースは存在したのです。 国土交通省は、それを  「消費者にとってわかり辛い表示は避けるように!」 と通達したのです。

 

ちなみに旅行パンフレットには、小さく注意書きとして、 燃油サーチャージのことについて説明書きがあるはずですが。まあ、みなさまそんな小さな文字は読みませんよね?!(笑)

 

今後、航空燃油サーチャージ&原油高がどこまで続くのか?どうなるのか??これは誰にも分からないでしょう。しかし、航空業界に寒?い風が吹き抜けている。

 

受験生は、そういったことも理解して就活に望んでくださいね!

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク