インターンシップでCAになれるの?

スポンサードリンク

インターンシップについて

インターンシップの本来の目的とは、在学中または、卒業直後の学生さんが、自分の専攻や将来進みたいと考えるキャリアに関連した企業で、一時的に就業体験をし、自分の適性を見極めたり、自分と会社や業種、仕事内容との相性を実体験できること。

 

外部からはわかりにくい会社の雰囲気、実際の仕事風景を見ることが出来ますし、実体験もできることから、入社してから、「こんなはずではなかった!」 という事を防げます。

 

企業側は、採用前にその方の仕事上の能力だけでなく、ヒューマンスキルを確認し、業務上の適正を見極めることができる。

 

学生さんにとっても、会社側にとっても良いことですね!

 

私が働いていた外資でも(2社とも)数年前までは、インターンシップの学生さんがいらしていました。インターンシップの採用は、本国での就業だったり、日本だったり様々でした。

 

それがここ数年パッタリ無くなりました。
ナゼでしょう???

 

本社側の意向はわかりませんが、日本側では相次ぐリストラで人手不足となり、インターンシップどころじゃない!というのが実情です ← 笑い話じゃなくて、本当に人手が足りなくてカツカツです!

 

そして個人情報保護法の問題で、むやみに外部から人を入れられなくなった。ということも原因の1つですね。

 

ところで、インターンシップというと、みなさん実際に社員と同じように働けると思うかもしれませんが、その考えは非常に甘い!!!

 

甘すぎですよ〜! 

 

だってインターンシップは学生さんの夏休みとかを利用して行われるでしょ。それってせいぜい1〜2ヶ月です。(日本の場合は)もしかうは、企業によってはたった1日だけの体験だったりして。それじゃ仕事するどころか、教えるだけで終わってしまいますよ(笑)

 

しかも会社の内情で、あまり社外秘的なところには居てもらえない。私が働いていた会社ではインターンシップの方は、仕事をしていたというよりも、ただ単に社員の横について仕事を見ていたというだけでした。

 

本社側でインターンシップとして働いていた方の仕事は、ただの通訳。と言うか案内係。というかものすごくシビアな言い方をすると雑用とか、ただ立たされているだけとか・・・・

 

実際のところ、通訳としても案内係としても技量はほとんど期待できません(キビシイよね)

 

などインターンシップはなかなか上手くはいきませんね(苦笑)

 

でもしかたないですよね、短い期間の就業という事で、ろくに仕事も教えてもらってないんですから、できるわけありません。(あくまでも私が働いていた外資2社の話です。他社は知りませんよ。笑)

 

それでも学生さんは、どうやったら航空会社でインターンシップできるのか?と興味があると思います。

 

う〜ん。これは難しい問題ですね。私が勤めていた会社では、コネでした…。そう、【 だれだれさんのお知り合いのお嬢さん 】 などですね。

 

インターンシップは人数的にも年間1〜2人でしたから、コネはしかたないかな(笑)

日系航空会社のインターンシップ

日系航空会社でも期間限定でインターンシップを募集している企業がありますよね。そういうチャンスは見逃さないほうがいいでしょう。

 

それと同時に、チャンスでもあり、「インターンシップ中は常に見られている」という意識を忘れないようにしたほうが無難でしょう。つまり採用試験よりも長い時間をかけて、あなたの立ち居振る舞いや、行動、言動までチェックされています。

 

問題行動をしてしまえば、実際の採用試験の時に影響があることだって考えられます。

 

インターンシップと言っても、あなたはお客様扱いなので実践的な仕事をさせてもらえる可能性は少ないです。

 

いわば、インターンシップは企業側のキャンペーンでもあるわけです。

 

せっかくのチャンスなのでぜひ参加してみるといいとは、思いますが、それ相応の準備をして期間中を無難に乗り切る覚悟は必要ですよ。

 

もちろん、そこで良い印象を植え付けられたらいいかもしれませんが、余計なことをすると、失敗した時に逆効果になってしまいます。

 

インターンシップだからという生半可な気持ちは捨てる必要があります。

こんなケースには注意してください!

そして、もう1つ注意してほしいことがあるんですよ。それはね、最近海外でグランドスタッフやCAのインターンシップを紹介してとても高額な手数料を取る会社があることです。

 

確かになかなかインターシップのない航空会社を簡単に紹介してくれて、しかも面倒なビザの手続きを代行してくれるとなれば、多額のお金を払ってしまう方もいるでしょう。

 

あなたが、それでもいいというのであれば止めないけれど…。

 

インターンシップでする仕事は、残念ながら仕事の範疇には入りませんよ。(航空会社の場合のみです)

 

それにインターンシップは、面倒くさくても自分で手続きできる国もあるそうですよ。(アメリカとか) ← 詳しくはわかりません。 (ゴメンネ)やる方はご自分で調べてね♪

 

ワーキングホリデーで行ける国なら、行った先で自分で努力して開拓してみたら?!そういうエピソードは後々、自己PRとかに使えますよ!(一石二鳥♪)

 

業者がすべて悪いとは言わないけれど、若い人の夢や希望を食い物にしているのは、私個人的には嫌だなあと思います。

 

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク