航空会社 採用

スポンサードリンク

ついに航空会社に採用されました!!

パワーアップした書類を手にした私は、
航空会社の面接を受けまくりました。
最初は2次面接で不採用なんてこともあったけど、そのうちコツをつかんで最終面接までこぎつけるようになりました。

 

 

 

でも、何度、採用試験を受けても最終面接で不採用。
悩みました〜。
私の何がいけないんだろう?
何をどう直せば合格できるんだろう??

 

 

 

悩んで、悩んで、悩みぬきました。

 

 

 

でもわからない。 
私の何がいけないの〜〜〜〜〜??????(泣き)
さっぱり、わかりませんでした。

 

 

 

そして、ひと足さきにスチュワーデスに採用された友人に相談しました。

 

 

 

そうしたら友人がこう言ったのです。

 

 

「力が入りすぎなんだよ〜!そんなガチガチじゃ採用されないよ(笑)
それになんでスチュワーデス試験しか受けないの???」

 

 

 

そっそうでした!
私は、航空会社に入社したい!と思っていたのでした。
スチュワーデスだけがターゲットではありません!
マニュアル通りの画一化されたサービスではなく、自分のスタイルで、
自分の仕事に誇りとプライドを持って仕事をしたい!
そう思って志望したのでした。
(今、思うとなんて身の程知らずな考え…)

 

 

 

友人の言葉にガ〜ンと頭を殴られた気分でした。

 

 

でも当時、航空会社の地上職の募集というのは、
スチュワーデスに比べると圧倒的に少なく、
募集人数もメチャクチャ少ない状況でした。
(現在の航空業界とはかなり違いますね…涙)
しかも地上職の方が高度な英語力が必要とされています。
そんなの私が採用されるわけありません。

 

 

 

ムリ、ムリ、無理〜!!!

 

 

 

結局、答えはみつからないままでした。

 

 

 

 

そんなある日、珍しく朝日新聞の求人欄を見たんです。
私は外資を志望していたから、求人広告といえば
【ジャパンタイムズ】しかチェックしていませんでした。 
日系の新聞なんて久しぶりに読みました(笑)

 

 

そこに、某日系航空会社のグランドホステス募集の広告
掲載されていました。
グランドホステス????! とは思ったけど、
「試しに受けてみよう!どうせ受かりはしない!
これは練習のつもりで!!」

 

 

 

と軽い気持ちで書類を送りました。

 

 

 

 

数週間後に書類審査通過と試験日のお知らせの手紙がきました。

 

 

 

そして、筆記試験&面接を受けました。

 

 

 

筆記は一般常識とその航空会社についての簡単な質問や、
路線についての問題。
英語の筆記は、英検に近いような内容でした。
長文問題もありましたが、
外資対策をしていた私には簡単な内容でした。

 

 

たしか、1問だけ間違えたところがあったので98点くらい取れていたはずです。

 

 

 

グループ面接は、面接官2人に対して受験者5〜6人で、
ほとんど日本語でした。
「どうせ受かりはしない!これは練習のつもりで!!」
と思っていた私は、何を聞かれても、どんな質問でも、すご〜く落ち着いて自分の気持ちを素直に面接官に伝えることができました。
肩の力は完全に抜けていました。

 

 

 

だって練習のつもりで来ているんですから、
緊張なんてしないし、「落ちてもともと!」
と思っていましたからね(笑)

 

 

 

それから面接の中で、
英文が書いてある紙を朗読させられました。
そんなに高度な文章ではなかったので、
これも外資対策をしていた私には楽勝でした。

 

 

 

 

運が良いことに面接官は2人いて、
2人ともすご〜く感じの良い人達でした!
こんな素敵な人達の下で働けたらいいな〜!
なんて思いながら面接を受けていました。

 

 

後でわかったことですが、
自分が相手に対して好印象を感じているとき、
相手も同じように自分に好印象を感じてくれる場合があります。
波長が合う!とでもいうんでしょうか。
縁があるからだと思います。

 

 

 

 

さらに運が良い事に、一緒にグループ面接を受けたメンバーが
すご〜く雰囲気がよかったんです。
実は、面接室に入る前にみんなで
「よろしくお願いします、頑張ろうね」と声をかけあったんですよ。
これが、すごく効果がありました。
面接中も誰かが言ったことで笑いがおこったり、
終始なごやかな雰囲気で面接は終了しました。
(だって面接官まで爆笑するシーンまでありましたから)

 

 

 

 

初めて会った人達なのに、
なぜか、ず〜っと前から知り合いだったような感覚。
面接が終わったら、
なぜか面接官までいっしょになって一体感が生まれていました。

 

 

 

 

グループ面接はすごく、すごく楽しかった!
こんな楽しい面接は初めてでした。
だから面接室を出る時も、明るい大きな声で
「ありがとうございました!!」と言えたんです。
だって、本当にそう思ったんですから、
本心ですから心の底からそう言えました!

 

 

 

 

いっしょにグループ面接を受けた人と同じ電車に乗って帰るときも、
「合格するといいね〜」なんて話ながら帰りました。
晴れ晴れした爽やかな気持ちでいっぱいでしたね〜!
(なつかしい!)

 

 

 

「どうせ受かりはしない」 から 「受かるといいな〜」 に、
ほんわか気持ちが変わっていったのでした。

 

 

 

そして1次試験合格!

 

 

 

その後の面接は、ほぼ合格が決まっている者を
会社の上層部に会わせて了解を取る。といったものでした。

 

 

 

肩の力が抜けていますから、
何を聞かれても笑顔で落ち着いて答えられました。

 

 

 

その後、最終的に採用の電話と通知を頂きました。
倍率は約50倍だったそうです。
外資を受け続けていた私は、
倍率100倍以上というのが普通だったので、50倍と聞いて、
「倍率低かったんだ〜!だから私でも合格できたんだ(笑)」
なんて思いました。

 

 

 

その後いざ入社したら、
一緒にグループ面接を受けた人も1人だけ合格してました!
彼女は英語が苦手で筆記試験の成績もよくなかったそうですが、
あのグループ面接で好印象だったから合格できた!と言っていました。

 

 

 

グループ面接では、チームワークを持てる人なのか?
協調性があるのか?というところもチェックされている。

 

合否の判断基準は、筆記より面接重視です!!

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌のための化粧品(大人ニキビ用) ⇒ ビーグレン(b.glen)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用・今までのニキビケア化粧品に満足できなかった方、なんとかしてニキビを治したい方のためのニキビ用化粧品・ビーグレン(b.glen)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡もケアしてくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク