留学先・学校を選ぶ時に陥りやすいミスとは?

スポンサードリンク

学校の選び方

学校を選ぶのは最重要課題です。

 

学校の所在地そのものも重要です。なにより治安が良いというのは第一条件です。安全が確保されないような土地では、おちおち勉強なんてしていられませんからね。

 

【学校の選び方のポイント】

 

 国を選ぶ

 

英語を学ぶならイギリスなのか?アメリカなのか?カナダなのか?

 

よく質問されるのが、オーストラリアなどは言葉がなまっているので勉強にならないのでは?ということなんですが、航空会社で働く場合は、仕事の中で世界中の方が話す「なまりのある英語」を理解しなければなりません。

 

いろいろな英語に慣れておくのは良い経験になりますよ。私たちだって日本人なまりがあるんだから(苦笑)短期の語学留学ならオーストラリアでも特に問題ない!と私は思います。 

 

※ニュージーランドは治安が良く、物価も安く、人も優しく、そのうえ英語の発音が比較的綺麗なため、とても人気が高まっています。つまり日本人だらけです。

 

 

 都市、土地を選ぶ

 

安全第一!!  ← 工事現場みたいだけど。 これが重要!

 

同じ都市の中でも地域によって治安の良い悪いがある。事前にしっかり調べましょう!

 

 

 日本人から離れる

 

語学留学ならなおさら、日本人どうしでかたまっていたら英語なんか上達しない。しかし今や日本人が1人もいない学校を探すのは至難のワザかも。なるべく日本人学生が少ない学校を探そう。

 

 

 人気の留学先は日本人でいっぱい

 

大都市の英語学校は日本人だらけだと思っていたほうがいいかも。では田舎なら日本人はいないのかも?!と思って田舎の学校を選んだら、教室は同じ考えの日本人だらけだった‥‥。

 

意外に中途半端な地方都市の学校(しかも郊外)は穴場。でもそういう噂が広がると、今まで日本人のいなかった学校は、あっという間に日本人だらけになってしまいます。

 

 

 その学校で学ぶ学生の国籍%は把握しておこう!

 

日本人が少ないことだけを重視して学校を選んだら、同じクラスには日本人は2人しかいなかったが、日本人以外は韓国人と中国人で、結局クラスの100%がアジア人だった‥‥。

 

 

 カリキュラムがしっかりしているか?

 

詰め込みの授業は嫌だけど、授業料が安い代わりに授業時間が少ないでは意味がない。英語以外を学ぶ人は自分が学びたい内容に対応したカリキュラムかどうか?

 

 

 英語学校以外のジャンルとは?

 

秘書(女性のビジネス全般)の専門学校、航空・旅行業界の専門学校など。

 

ちなみに専門学校ともなるとかなり勉強が大変なのだそうです。宿題の山!!課題をこなし、資格を取れないと卒業させてもらえない学校もある。

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク