ca 身長

スポンサードリンク

CA(キャビンアテンダント、客室乗務員)の身長制限

CA(キャビンアテンダント、客室乗務員)の身長制限についてご説明します。

 

 

募集要項に記載されている身長の条件があります。
たとえば、

 

 

【身長:160cm以上】

 

 

 

こういった条件に対して、身長がクリアしていれば問題ないのですが、では身長が低い場合はどうしたらいいのか??というところでお悩みの方も大勢いるのが現状です。

 

 

 

CA(客室乗務員)の身長制限については、あちらこちらから色々な話を聞きますが、実際には、募集要項よりも身長が低い人でも、航空会社が求める素養さえあれば採用されているのが現状です。

 

 

ですが、ものには限度があります。
身長制限が158−160cm以上と記載されていれば、運がよくて、せめて157cmぐらいであれば採用されるチャンスはあるかもしれません。

 

 

過去には募集要項に160cm以上の条件が記載されていたにもかかわらず、実際の身長が154cmでも採用された方もいました。

 

 

しかし、残念なことにCA募集の身長条件については年々厳しくなっているというのが現状です。

 

 

私の友人にも157〜158cmの身長でCA(客室乗務員)になった人は何人もいます。でも、それより低い身長のCAは残念ながら私のまわりにはいません。

 

 

 

【航空会社がなぜ身長制限をもうけるのか???】

 

 

 

考えたことはありますか??

 

 

 

これはとても、とても重要なことです。

 

 

身長制限を設定する理由は、簡単に言えば、機内のオーバーヘッドコンパートメントに(頭上の荷物入れ)に手が届くかどうか?ということです。手が届かなければ実際の仕事に支障があります。

 

 

※ ちなみに頭上の荷物入れですが、オーバーヘッドコンパートメント以外にも、オーバーヘッドビンとかハットラックなどと言う呼び方もします。(各社さまざまな呼び方があります)

 

 

それから、日系や一部のアジア人CA(客室乗務員)の多い外資系航空会社の機内には、座席の下に足をかける部分(踏み台の役割)を設置している会社があります。

 

 

そういった航空会社の飛行機では背の低いCA(客氏乗務員)でも仕事に支障なく勤務できます!

 

 

だけど、ここで耳が痛いとは思いますが、心を鬼にして正直にお話しますが、最近の採用試験は募集要項に対して非常に厳しくなっています。

 

 

以前は許容されていたことが、今では受け入れられないということが非常に多いのです。

 

 

中には募集要項に身長制限の記載がないところもありますが、身長が低くてもOKという意味ではありません。

 

 

身長制限に対して、身長が低い!
募集要項の条件を満たしていない!という方は、最初から無理だと諦める必要はありませんが、ハンデがあるということは理解して採用試験に挑みましょう。

 

 

キツイ言い方かもしれませんが、書類審査が通ればラッキーぐらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

 

 

現実を理解するためにも採用試験は必ず受けましょう!

 

 

 

厳しい話ばかりを聞かされると尻込みしてしまうかもしれませんが、やってみないとわからないこともあります。
受ける受けないは必ず自分自身で判断してください。
他人に判断を委ねる問題ではありません!

 

 

それから、自分には身長が低いというハンデがある!と理解したなら、
必ず身長の低さをカバーできる自分の強みを持つように心がけましょう!!

 

 

これが出来ていない人が非常に多いです。

 

 

身長が低い!と嘆くばかりで何も努力をしない人。
そんな人を誰が採用したいと思うのでしょうか??

 

 

身長が低いという悔しい思いがあるのであれば、尚更のこと、人一倍努力して他人と差をつけましょう!!
あなたなりの強みを1日も早く見つけて、それを伸ばしてくださいね。

 

 

 

あなたの健闘を祈っています!!

 


スポンサードリンク


キャビンアテンダントになるには

管理人LALAが運営するサイト