グランドスタッフ 日系

スポンサードリンク

グランドスタッフを目指すなら日系か?外資系か?

このHP内で何度も言っているように私は最初に入社するなら日系航空会社(大手)がベストだと思います。

 

 

理由は日系航空会社は教育体制が整っています。(ここで言う日系とは全日空と日本航空の2社のことです)

 

 

ですが今や日系航空会社は自社ではハンドリングをしないのです。
グランドスタッフを目指すあなたはすでにご存知ですよね?!
もしまだご存じないのならこの機会にしっかりと把握してくださいね!

 

 

JALもANAもグランドハンドリングを担当するグループ企業を作って、その会社に自社便を含むグループ航空会社の旅客サービス業務を委託しているのです。

 

 

さらに、グループ企業だけでなく、お金を頂いてグランドハンドリングの委託を受け持っている外資系航空会社のグランド業務も担当させているのです。

 

 

代表的なのが日本航空グループの 『JALスカイサービス』 という会社です。

 

 

なぜ日系航空会社は自社でハンドリングをせずにグループ企業まで作って、わざわざハンドリングを委託するのかというと‥‥。
こんな理由があるのです。

 

 

  • 人件費を減らしたい!

    (お給料だけでなく福利厚生までレベルダウンしてコストカット)

  •  

  • 組合の力を弱めたい!

    (別会社にしてしまえば親会社の組合に入れない)

 

 

と考えた会社が出した結論が、グランドハンドリングを専門に扱う会社を設立する事なのです。

 

 

ですからせっかく大手の日系にグランドスタッフとして採用されても航空会社の直採用ではありません。
(ANA特定地上職を除く)

 

 

それに日系は働く時間がとても不規則です。

 

 

成田の場合は、朝5時半から夜23時までのシフト。 
羽田は朝5時からのシフトもありますし、関空にいたっては24時間空港ですから
日付を超えた勤務もシフトの中に組み込まれてくるのです。

 

 

こんなシフト体に良いはずありません!!

 

 

日系では学べることは数多いでしょう。
ですがこれは私の個人的な意見ですが、私が日系の国際線グランドホステスとして働いていた経験上、不規則なシフトが原因で体を悪くしてしまう人がすごく多いのです。

 

 

ですからある程度日系で経験を積んだら勤務体系がもっと楽な外資系航空会社を探して転職するのがいいでしょう。

 

 

もちろんあなたが最初から外資で生き残っていく自信があるのなら最初から外資に入社するのもいいでしょう。
要はあなた次第なんです。

 

 

ただ外資系航空会社は募集が少ないのが難です。
外資系でも、よく募集されている大手の会社は雇用条件が良くないところが多いのも現状です。
(辛口でごめんなさい、でも本当のことです)

 

 

誰だってそうですが、良い条件で採用されたら辞めたくないですよね。(笑)

 

 

良い機会ですから、あなたにとって、何を選択するのがベストなのか考えてみましょう!

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク