航空会社 入社試験

スポンサードリンク

航空会社入社試験・筆記試験対策・路線図を覚えよう

私が採用試験を受けた航空会社では、
自社の路線や就航都市についての質問を
筆記試験で出題したところが何社かありました。

 

 

当初、路線図なんて覚えずに筆記試験を受けて
真っ青になった経験があります。

 

 

私の場合は勉強していなかったのに、運良く全て解ける問題でした。
なんとか筆記試験はそつなくこなすことができホッとしたのを今でも覚えています。

 

 

興味がある会社の路線について
筆記試験で解けないというのは重大問題です。
それでは企業研究をしていないことがバレバレです。

 

 

どうせ入社したら覚える事です。
全部の就航都市を覚える必要はないんですが、
主要路線と主要都市の乗り入れている空港は覚えておきましょう!

 

 

大都市の場合1つの都市に複数の空港がある場合があります。

 

 

たとえば、東京の空港と言えば羽田と成田(新東京国際空港)。
大阪であれば伊丹と関空。
ソウルは、インチョン(仁川)とキンポ(金浦)。
ニューヨークであればジョンFケネディー空港(JFK)、ラガーディア、ニューアーク空港など。

 

 

「この路線はソウルのどの空港に到着しますか?」
などの出題を出す会社もあります。

 

 

そこまで突っ込まれると、だいたいみんなボロが出ます。
正しく答えられなければ、企業研究を怠っている。
実は、そんなに熱心に入社したいとは思っていない!
という裏付けになります。

 

 

全部の路線や就航都市(空港)を覚える必要はありませんが
その航空会社が本拠地にしている空港と
その本拠地の就航便は必ず覚えておいてください。

 

 

タイムテーブル(時刻表)をもらってくると便利です。
残念ながら、最近では経費削減のために
タイムテーブルを作成していない会社も多いのが現状、
そういった場合はHPで調べるしかないです。

 

 

あなたの熱意を疑われないためにも、路線図は要チェックです!

 

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク