航空会社で働くとこんなことがあります

スポンサードリンク

エアラインOLのイメージ

初対面の方に 「私、航空会社で働いています。」 と言うと必ず言われることがあるんです。 それがみなさん同じ事を言うからおもしろい!。どこに行っても相手がどんな方でもおっしゃる事はみな同じ。

 

たとえば旅先で!
「私は航空会社で働いています」と言うと返ってくる言葉

  • CAさんですか?
  • 航空券はタダですか?(無料で飛行機に乗れるんですよね)
  • 英語ペラペラなんですね。
  • お給料良いんですよね♪
  • 今まで行った国でどこが一番よかったですか?

などなど。

 

もしかして、あなたも私に初めて会ったらこんなことを聞きたいですか?別に悪いことではないので気分を害したりはしません。だから安心してくださいね(笑)

 

でも世間の人たちは航空会社のOLというと、こういうイメージで見ているんだな。とある意味感慨深いものがあります。

 

「CAさんですか?」の質問が顕著だと思うのですが、私はCAではないので夢を壊すようで悪いんですが、ハッキリと(でもニッコリと) 「違います!」と答えます。

 

で自分の職種を伝えるのに、グランドスタッフだった時はみなさん分かっていただけたのですが、地上職に移ってからは、「オフィスで働いてます」と答えると、たいていポカーンとした顔で見られるのです。 

 

私、「あの〜航空会社にもフツーの会社と同じように人事も総務も経理もありますよ。」と答えると、みなさん分かったような分からないような不思議な顔をします。

 

やっぱり世間的には航空会社で働く女性のイメージってCAなんですよね。

 

しかし、ところ変わって海外になると別です。先進国、特にアメリカやヨーロッパに行くと、やはり同じように 「客室乗務員なの?」と聞かれますが、それに対して「オフィサーです。(文字通りオフィスで働く人)」と答えると途端に相手の顔色は敬意をはらったものに変わります。

 

日本人は若く見えますから、若い女の子が航空会社で働いているといえばCA(客室乗務員)だろうと思われるみたいです。(私は実際は若くありません。苦笑)

 

しかし、国によってはCAの社会的地位が、残念ながら低かったりすることもあります。それに比べてオフィサーと言うのはいわゆるホワイトカラー職です。つまり良い職業についている人ということです。相手が私に対してなぜ敬意をはらったか分かりますよね。

 

同じ航空会社で働くのだから、正直どっちでもいいような気もするのですが、世間の見る目は違いますね。他の業界でもこういう事ってあるのかな??!!

 

あなたが働くところではどうですか???

 

ちなみに私の知り合いの某外資系地上職OLは、「CA以外は分かってもらえない」という理由で職種はめんどくさいからCAということにしている‥‥。 

 

合コンでも (^_^;)

 

私、「○○さん、それ反則じゃないですかーーーーーー!!(>_<)」

 

しかし今日も彼女は社外でCAとして生きている。いいのかしら?! 

 

ま、こんな人ばかりではありませんからご安心ください。ってちっとも安心じゃないですね。どこの世界でも変わった人はいますから‥‥。汗。うっ上手く〆られたかな?!えっダメですか???!

 

じゃこの話はこの辺で‥‥。 撤収!!!!! 苦笑。

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌のための化粧品(大人ニキビ用) ⇒ ビーグレン(b.glen)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用・今までのニキビケア化粧品に満足できなかった方、なんとかしてニキビを治したい方のためのニキビ用化粧品・ビーグレン(b.glen)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡もケアしてくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク