CA 学歴

スポンサードリンク

学歴は四大か?短大か?専門学校でも大丈夫なの?

私のところにいただくメールの中で学歴に関してのご質問は非常に多いです。

 

 

1. 四年制大学を卒業すべきか? 短大でも大丈夫か?
2. 航空会社受験に学部は影響するか?

 

 

要約するとこの2つが圧倒的に多いですね。

 

 

このページでは、【1. 四年制大学を卒業すべきか? 短大でも大丈夫か?】についての私の考えを書かせていただきますね。

 

 

高校生になれば進路を考えなければいけませんので、
【四大に進学すべきか、短大か(もしくは専門学校か?)】
という選択は、とても重要な問題ですよね。

 

 

まさしく人生の岐路に立たされているわけだし、
選択を誤ったら将来の夢も断たれてしまう可能性もなきにしもあらず!

 

 

だから真剣に悩んで考えてくださいね。

 

 

というのは、正解は人によって違うんですよ。
一言でこれが正解ですとアドバイスできれば簡単で私も楽チンなんですが、(笑)

 

 

そう無責任なことも言えません。(ほんとに!)

 

 

あなたが何の職種を目指していて、それが外資なのか?日系なのか?それによっても求められる学歴は違います。
極端に言えば会社にの、その時々の募集要項によっても違います!!

 

 

たとえばこんな感じですね。

 

職種 要求される最終学歴
総合職(日系・外資) 四大
客室乗務員(日系・アジア系) 短大・専門学校
客室乗務員(米系・欧州系) 四大
グランドスタッフ(契約社員) 短大・専門学校
グランドスタッフ

(正社員・主に米系、欧州系など)

四大

 

とは言ってもこれが全てではなくて、会社によっても違います。
単なる一例としてとらえてくださいね。

 

 

よく募集要項に書いてある、
「専門学校、短大、四年制大学卒業または、それと同様の学力を有するもの」と書いてある文章は、

 

 

表向きはそう表記しているけれど、実は、四大卒しか雇いたくない!という会社も少なくないのが現状です。

 

 

また、書いてある通り、これらの学歴は全て認めます。 という会社もあります。

 

 

内情は、実際にその会社で働いている方にしかわかりません。

 

 

問題は、たとえば日系志望だからと、短大しか出ていない人が、志望どうりの会社に入れればいいけれど、もし不合格だったら?!
そしてもし他社を受けて、そこが四大しか採用したくない!という会社だったら・・・・書類審査すら通らないという可能性もあります。

 

 

では、みんな四大に行けばいいかというと、そう単純でもなくて、特に客室乗務員を目指す方は、若いうちからとにかく受験して、受けて、受けて、受けまくったほうがいいのです。四大を出ると、卒業時には、すでに22歳です。

 

 

年だけとってしまう!という笑えない現実があるんですよ。

 

 

ですが、たとえば私の場合は、四大を出ているので助かった部分がありました。というか四大を出ていなかったら入社できなかった会社もありました。

 

 

私個人の意見としては、専門学校はおススメできません。
なるべく少しでも受験の資格があるように、最低でも短大は出ておいたほうが良いと思います。
(あくまでも私個人の意見です。ご了承くださいね。)

 

 

そして、四大がいいのか、短大がいいのかは、ひとそれぞれ正解が違います!

 

 

あなたは、どうしたらご自分にとって一番いいのかを考えてくださいね。選択を間違えないようにね!

 

ニキビがある方は今すぐ治してください!

キャビンアテンダントが使ってるニキビを治すための化粧品
 ◆現役CA愛用のニキビ肌を修復する化粧品 ⇒ サイエンスコスメ b.glen(ビーグレン)



ニキビがある方は、面接で損をしてしまいます。CAやグランドスタッフは人前に出て接客する職業です。だから顔にポツポツ赤いニキビや、茶色くなったニキビ跡があると面接官の印象は一気にダウンします。

皮膚科で処方された薬を塗ってもニキビが治らない。ありとあらゆるニキビ用の化粧品を使っても治らない方は、現役CAが愛用しているニキビ肌を修復する b.glen(ビーグレン)を使ってみてください。

ビーグレンは医療で使われている浸透技術を導入したコスメで、ピュアビタミンCがニキビや傷ついた肌を修復、肌の凸凹や茶色くなったニキビ跡も美白してくれます。即効性があるとCAの間で噂になって愛用者が多いです。全額返金保証もついているので、万が一肌に合わない場合は返金してもらえます。

ビーグレンはニキビだけでなく、毛穴の開きや黒ずみ、シミ用のコスメもあるので私も使っています。あなたも1日も早くニキビのない綺麗な肌になって、自分に自信を持って面接に挑んでくださいね!



 


スポンサードリンク